震災支援ネットワーク埼玉

震災支援ネットワーク埼玉

431279.com
しんさいつなぐ

07月

たんぽぽ舎メルマガ NO.2238~東電経営陣の「起訴相当」を検察審査会が決定 – レイバーネット日本

たんぽぽ舎メルマガ NO.2238~東電経営陣の「起訴相当」を検察審査会が決定
レイバーネット日本
後略)(7月31日東京新聞より) ◇東電に1055億円を 原賠機構が交付 累計4兆2496億円 東京電力は24日、福島第1原発事故の賠償資金として、原子力損害賠償支援機構から10 55億円の資金交付を受けたと発表した。資金の交付は30回目で、累計は4兆2496億円となった …

and more »

東電が原発事故後初の黒字、今年4-6月期 – TBS News


テレビ朝日

東電が原発事故後初の黒字、今年4-6月期
TBS News
一方、最終損益については事故の損害賠償などにより、1732億円の赤字となりました。 東電は、火力発電の燃料費の増加による電気料金の再値上げについては極力避ける努力をすると強調。一方、今年度通期の業績予想については、新潟県の柏崎刈羽原発の再稼働の時期 …
東電、経常益525億円=4年ぶり黒字転換—4〜6月期ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

all 29 news articles »

東電46月期は経常利益525億円、燃料費低減など効果 – ロイター

東電46月期は経常利益525億円、燃料費低減など効果
ロイター
原子力損害賠償費2188億円(単独)を計上したことが赤字の要因だが、政府に対して原子力損害賠償支援機構からの資金援助5125億円の増加を申請済みで、第2・四半期で特別利益として計上する予定だ。 通期業績予想は、柏崎刈羽原発(新潟県)の再稼動の見通しがつか …

and more »

東電46月期は経常利益525億円、燃料費低減など効果 – ロイター

東電46月期は経常利益525億円、燃料費低減など効果
ロイター
原子力損害賠償費2188億円(単独)を計上したことが赤字の要因だが、政府に対して原子力損害賠償支援機構からの資金援助5125億円の増加を申請済みで、第2・四半期で特別利益として計上する予定だ。 通期業績予想は、柏崎刈羽原発(新潟県)の再稼動の見通しがつか …

東電、経常益525億円=4年ぶり黒字転換—4〜6月期 – ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

東電、経常益525億円=4年ぶり黒字転換—4〜6月期
ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
工事の繰り延べで修繕費の増加を抑制するなど、コスト削減にも取り組んだ。人件費は、社員の給与圧縮を7月から緩和するための経費を先取り計上したことで、18.5%増の1001億円となった。 一方、福島第1原発事故の損害賠償費用2188億円を特別損失に計上し、純損失 …

and more »

泊原発の再稼働、15年11月以降に 北海道電が想定 – 日本経済新聞

原発の再稼働、15年11月以降に 北海道電が想定
日本経済新聞
北海道電力は週内にも電気料金の再値上げを経済産業省に申請する。家庭向けの値上げ幅は10%台後半で調整している。焦点となっていた泊原子力発電所が再稼働する時期は、2015年11月から順次、と想定する。従来は13年12月以降に再稼働すると想定しており、約2年 …

県に2億8106万円賠償 東電 サテライト校設置費など – 福島民報

県に2億8106万円賠償 東電 サテライト校設置費など
福島民報
東電は、下水道事業分44億8134万円、工業用水道事業分7393万円、病院事業分19億4567万円の賠償に応じている。一方、一般会計分では、税収の減収分16億1046万円、人件費の増加分21億2600万円などで賠償合意していない。県は引き続き、東電に賠償支払い …
栃木県と市町で計2億4200万円請求 未払いにも初の質問書 原発事故で東電に下野新聞
県に2億8106万円賠償 東電福島放送

all 11 news articles »

原発賠償金詐欺の疑い 右翼団体会長 – MSN産経ニュース

原発賠償金詐欺の疑い 右翼団体会長
MSN産経ニュース
再逮捕容疑は平成24年4月と12月、営業実態のない土木会社の経営者を装い、虚偽の書類を作成して東電に請求し、将来の営業損害分を含め賠償金計約1億円をだまし取った疑い。 大柿容疑者は「これから考えます」と容疑の認否を保留している。 大柿容疑者は、原発賠償金 …

and more »

インタビュー:原発再稼働は手続き重視で支持=齊藤誠教授 – Newsweekjapan


Newsweekjapan

インタビュー:原発再稼働は手続き重視で支持=齊藤誠教授
Newsweekjapan
T>川内原発(鹿児島県)の再稼動について、「あらかじめ決めた手続きに瑕疵(かし)がなく、立地・地元自治体の合意形成が進めば、そういうことでいいのではないか」と、支持する考えを述べた。 その上で齊藤教授は、過酷事故が再び起きることを前提に、「避難(計画)とか、一般 …

and more »

インタビュー:原発再稼働は手続き重視で支持=齊藤誠教授 – 朝日新聞

インタビュー:原発再稼働は手続き重視で支持=齊藤誠教授
朝日新聞
福島事故を機に制定された「原子力損害賠償支援機構法」は、実質的には福島事故に対応するだけのものだ。規制委の田中俊一委員長が、新規制基準に適合した原発でも「安全とは言わない」と発言している以上、事故が起こり得るとの前提で制度設計する必要があるのでは。

and more »

  • 地域名で交流会情報を表示