震災支援ネットワーク埼玉

震災支援ネットワーク埼玉

431279.com
しんさいつなぐ

08月

原発事故「賠償紛争解決センター」3年 課題も – NHK

原発事故「賠償紛争解決センター」3年 課題も
NHK
原発事故の被害者と東京電力の和解を仲介する国の「原子力損害賠償紛争解決センター」が受け付けを始めてから来月1日で3年になります。これまでにおよそ8000件の和解が成立した一方で、最近相次いでいる東京電力が和解案の受け入れを明確に拒否するケースにどう …

住民運動の輪 原発ADR 県北部ジワリ – 東京新聞


東京新聞

住民運動の輪 原発ADR 県北部ジワリ
東京新聞
東京電力福島第一原発事故の損害賠償を求める裁判外紛争解決手続き(原発ADR)への申し立てを目指す住民運動が、県北部で静かに広がっている。6月に始まった計7回の説明会には300人以上が参加。県北部には福島県内と同様の放射能汚染があるが、国の支援内容に …

原発事故と自殺 – 佐賀新聞


企業法務ナビ

原発事故と自殺
佐賀新聞
東京電力福島第1原発事故で避難を強いられ、自殺した女性の遺族が起こした損害賠償訴訟で、福島地裁は東電に約4900万円の支払いを命じた。原発事故がもたらす精神的な苦痛の大きさをあらためて考えさせられる。 女性は生まれてから避難するまで58年近く、福島県 …
原発避難と自殺 よりどころない悲しみは西日本新聞
東電に対し4900万円の賠償命令企業法務ナビ
原発避難自殺 福島地裁判決に従えしんぶん赤旗
愛媛新聞 –信濃毎日新聞
all 10 news articles »

原発賠償:「文書があろうとルールではない」和解仲介室長一問一答 – 毎日新聞

原発賠償:「文書があろうとルールではない」和解仲介室長一問一答
毎日新聞
避難中の死亡者に関する慰謝料で、原発事故の影響の度合いを一律50%とするルールについて聞きたい。 ◇寄与度が何%になるかは個々の事案次第だ。事案における立証の内容の程度などを総合的に勘案して、(原子力損害賠償紛争解決センターの)仲介委員が判断して …

and more »

原発賠償:「一律5割」の内部文書 算定基準そのものだ – 毎日新聞

原発賠償:「一律5割」の内部文書 算定基準そのものだ
毎日新聞
原発事故の賠償を裁判外で解決する手続き(原発ADR)を巡り、国の「原子力損害賠償紛争解決センター」が死亡慰謝料を「一律5割」とする、毎日新聞が入手した内部文書には、「死亡事案に関するパネル間協議で異論がなかった」との記載がある。「パネル」とは和解案を作成 …

and more »

原発賠償:「一律5割」内部文書明記 「存在せず」は虚偽 – 毎日新聞

原発賠償:「一律5割」内部文書明記 「存在せず」は虚偽
毎日新聞
東京電力福島第1原発事故の賠償問題を裁判外で解決する国の手続き(原発ADR)を担当する原子力損害賠償紛争解決センターが、避難後に死亡した人への慰謝料を算定する際、原発事故の影響をほぼ一律に50%としていた問題で、毎日新聞は「一律5割」と明記された内部 …

and more »

大震災:埼玉県内の避難者数は5639人 把握漏れで調査(新聞記事)

大震災:埼玉県内の避難者数は5639人 把握漏れで調査
毎日新聞 2014年08月29日 20時42分

東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の避難者に把握漏れがあった埼玉県は29日、県内の避難者数を5639人とする調査結果を発表した。6月の公表数より約3000人多い。漏れていた中で多かったのは、応急仮設住宅の無償提供の対象とならず、民間賃貸住宅に家賃を払って暮らしている避難者らだった。

埼玉県は従来、応急仮設住宅の入居者のみを避難者として集計。しかし民間支援団体などから「少なすぎる」との指摘を受け、これまで一部の自治体だけを対象にしていた避難者数の照会を県内全63市町村に広げたところ5044人となった。さらに今月、県が持つ応急仮設の入居者名簿などを提供して市町村に追加調査を求め、5639人に増えた。

県によると、新たに避難者として集計されたのは、自己負担で民間賃貸住宅に避難している人(1148人)▽親戚や知人宅に避難している人(324人)など。その他に居住形態は不明だが、避難者向けの水道料金の減免制度適用や自治体の戸別訪問などで居住が確認できた避難者も1149人に上った。多くは自主避難者とみられる。

埼玉県の問題を受け、復興庁は今月4日、できるだけ広く避難者を把握するよう求める文書を都道府県に通知し、千葉県や神奈川県などが集計方法の見直しを検討している。【日野行介】


本報道についての関連記事(ママレボのページへ移動します)

【9/7 東京】ふくしま避難者の集いin早稲田

20140907

※画像をクリックするとPDF表示されます

東京電力福島第一原子力発電所の事故により、首都圏に避難されている福島の皆さま
ふんばろう福島プロジェクトでは 早稲田大学で「第14回 ふくしま避難者の集い in 早稲田」を開催します。特別企画は昨年もご好評をいただきました「早稲田でふるさと盆踊り」です。
お申込み不要・参加費無料ですので、ぜひお気軽にご参加ください。

当会では避難されている方同士の交流・語らいの場とすることを最も大切に考えております。また、会場にて「原発賠償相談」「心理・生活相談」などもできます。

◆日時
2014/9/7(日) 13:30~17:00

◆会場
早稲田大学 早稲田キャンパス 18号館
国際会議場 3F 第2会議室
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1-7−14

◆アクセス
電車
・JR山手線/西武新宿線 高田馬場駅→都バス高田馬場駅より「早大正門」行き「西早稲田」バス停下車→徒歩3分 
・地下鉄 東京メトロ東西線 早稲田駅下車→徒歩10分
・都電 荒川線 早稲田駅下車→徒歩3分

※早稲田大学までお出になる事に不安がある方はお電話ください。
お住まいの所からの付き添い等についてご相談させていただきます。

◆お申し込み
不要・無料
★先着100名様にプレゼントをご用意いたしております。

◆内容(予定)
●特別企画:早稲田でふるさと盆踊り
●弁護士による原発賠償無料相談会
●臨床心理士による心理・生活相談
●お茶とお菓子でご歓談
ほか

避難されている方同士の交流、語らいが最も大事であると考えております。
当日はふんばろう東日本支援プロジェクトが提供できる様々な支援についてのご説明もいたします。
なお、集いの場での勧誘行為等はご遠慮ください。

◆対象
福島県から首都圏に避難されている皆さま
※参加は「避難している方」「避難している方に関わりのある方」に限らせていただきます。避難している方に関わりのない方は参加できません。

◆主催 ふんばろう福島プロジェクト
◆共催 東京弁護士会第一東京弁護士会第二東京弁護士会

◆お問い合わせ
ふんばろう福島プロジェクト
TEL 050-3738-3336 (平日9:00~18:00)
(当日の連絡先:080-3502-1538  担当 矢内さん)

原発避難と自殺 よりどころない悲しみは – 西日本新聞


企業法務ナビ

原発避難と自殺 よりどころない悲しみは
西日本新聞
東電福島第1原発事故で避難していた福島県川俣町山木屋地区の女性の自殺をめぐり、遺族が東電に計約9100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、福島地裁は約4900万円の賠償を命じた。 判決はまず、東電は、原発事故が起きれば居住者が避難を余儀なくされ、 …
東電に対し4900万円の賠償命令企業法務ナビ
原発避難自殺 福島地裁判決に従えしんぶん赤旗
たんぽぽ舎メルマガ NO.2261~脱原発テントひろば3周年 9/11再稼働阻止大行動レイバーネット日本
愛媛新聞
all 8 news articles »

原発事故後に自殺、東電に賠償命令 – CNN Japan

原発事故後に自殺、東電に賠償命令
CNN Japan
東京(CNN) 東京電力福島第一原発の事故による避難生活中に自殺した女性の遺族が東京電力に損害賠償を求めていた訴訟で、福島地方裁判所は26日、東電に約4900万円の支払いを命じる判決を言い渡した。 渡辺はま子さん(当時58歳)が自殺したのは原発事故の4カ月 …

  • 地域名で交流会情報を表示