震災支援ネットワーク埼玉

震災支援ネットワーク埼玉

431279.com
しんさいつなぐ

12月

特集:2014 重大ニュース(その1) – 毎日新聞


毎日新聞

特集:2014 重大ニュース(その1)
毎日新聞
川内原発は9月に審査に合格し、新規制基準に適合した最初の原発になった。11月には伊藤祐一郎・鹿児島県知事が「やむを得ない」と再稼働に同意した。 …. プロバイダーが厚労省などの要請で違法な広告サイトを削除しても、広告主への損害賠償責任を負わないとした。

‘14 職場のたたかい この1年 – しんぶん赤旗


しんぶん赤旗

'14 職場のたたかい この1年
しんぶん赤旗
関西電力(兵庫) 原発で配管の点検などに従事し、悪性リンパ腫を発病した下請け労働者について、神戸西労働基準監督署が労災認定。 … 東芝(埼玉) 過労でうつ病になった労働者を解雇したことについて、最高裁が損害賠償を減額した東京高裁判決を破棄、審理差し戻し。

and more »

‘14 職場のたたかい この1年 – しんぶん赤旗


しんぶん赤旗

'14 職場のたたかい この1年
しんぶん赤旗
関西電力(兵庫) 原発で配管の点検などに従事し、悪性リンパ腫を発病した下請け労働者について、神戸西労働基準監督署が労災認定。 … 東芝(埼玉) 過労でうつ病になった労働者を解雇したことについて、最高裁が損害賠償を減額した東京高裁判決を破棄、審理差し戻し。

and more »

【原発事故の賠償】「期限付き」は許せない(12月29日) – 福島民報


ハーバー・ビジネス・オンライン

原発事故の賠償】「期限付き」は許せない(12月29日)
福島民報
経済産業省資源エネルギー庁と東京電力は、福島第一原発事故に伴う営業損害賠償について、原発事故から5年となる平成28年2月で終了する素案を示した。 原発事故から3年10カ月近く過ぎたが、県民12万人以上が県内外で避難生活を送り、人が住めない避難区域がある …
年のおわりに考える 見ず、聞かずの原発被害東京新聞

all 7 news articles »

年のおわりに考える 見ず、聞かずの原発被害 – 東京新聞

年のおわりに考える 見ず、聞かずの原発被害
東京新聞
東京電力福島第一原発から北西五十キロに位置する飯舘村では先月半ば、村民が一丸となって原子力損害賠償紛争解決センター(原発ADR)に第一次申し立てをしました。求めたのは、政府が避難指示を遅らせたことによる初期被ばくの慰謝料や、現在月十万円の精神的慰謝 …

茨城の農家、集団請求へ 原発風評被害、賠償継続を – 東京新聞


ハーバー・ビジネス・オンライン

茨城の農家、集団請求へ 原発風評被害、賠償継続を
東京新聞
東京電力福島第一原発事故による風評被害で売り上げが落ちた茨城県西部の野菜農家約二百五十人が、東電の損害賠償の継続を求めて来年三月にも、原子力損害賠償紛争解決センターに裁判外紛争解決手続き(ADR)を申し立てることが分かった。農家による集団申し立て …
原発事故の賠償】「期限付き」は許せない(12月29日)福島民報
原発ADR:茨城の250農家申し立てへ 賠償継続求め毎日新聞
見ず、聞かずの原発被害 年のおわりに考える中日新聞

all 10 news articles »

見ず、聞かずの原発被害 年のおわりに考える – 中日新聞

見ず、聞かずの原発被害 年のおわりに考える
中日新聞
東京電力福島第一原発から北西五十キロに位置する飯舘村では先月半ば、村民が一丸となって原子力損害賠償紛争解決センター(原発ADR)に第一次申し立てをしました。求めたのは、政府が避難指示を遅らせたことによる初期被ばくの慰謝料や、現在月十万円の精神的慰謝 …

原発事故の賠償、負担分配再考を 大佛論壇賞を受けて 遠藤典子さん寄稿 – 朝日新聞

原発事故の賠償、負担分配再考を 大佛論壇賞を受けて 遠藤典子さん寄稿
朝日新聞
突き詰めれば、破局的原発事故の損害賠償資金は、(1)事故を起こした原子力事業者、(2)その事業者から電力供給を受ける電気利用者(受益者負担)、(3)その他原子力事業者(相互扶助)、(4)規制・振興を司(つかさど)る国、のいずれかの負担の分配に帰結する。原子力 …

原発の新規受注「インドが有望、でもこのままでは難しい」 東芝社長が語る – ハフィントンポスト

原発の新規受注「インドが有望、でもこのままでは難しい」 東芝社長が語る
ハフィントンポスト
ただ、インドには原子力損害賠償法があり、原発事故に際してメーカーが巨額の補償を負うリスクがあるため。「このままの状態では進出は難しい」と指摘した。 一方でインドでは、原発事故の保険基金を設立する構想が浮上している。田中社長は「この保険が本当にワークする …

財物賠償総額4億3280万円 原町区避難勧奨地点のADR 住民受諾へ – 福島民報

財物賠償総額4億3280万円 原町区避難勧奨地点のADR 住民受諾へ
福島民報
南相馬市原町区の特定避難勧奨地点の住民らが東京電力に財物賠償を求め、原子力損害賠償紛争解決センターに和解仲介を申し立てた裁判外紛争解決手続き(ADR)で、センターが示した和解案の賠償総額は4億3280万円だった。26日、住民側の「原発被災者弁護団」が …

  • 地域名で交流会情報を表示