震災支援ネットワーク埼玉

震災支援ネットワーク埼玉

431279.com
しんさいつなぐ

02月

【3/23 さいたま市浦和】福玉便りのお届け作業を一緒にやってくださる方、大募集!

おしゃべりしにきてくださいね。
印刷などの都合で日程が変更になるときがあります。できれば、ご一報・ご確認いただければ幸いです。

◆日時
2017/3/23(木) 13:30~16:00ごろ

◆会場
埼玉県勤労者福祉センター(ときわ会館) 1F
〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区常盤6-4-21 埼玉県勤労者福祉センター(ときわ会館) 1F
TEL 048-833-8731

◆アクセス
電車:京浜東北線「浦和:駅 西口より徒歩16分、京浜東北線「北浦和」駅 西口より徒歩15分
駐車場:お問い合わせ下さい
バス:
【JR「浦和」駅 西口より】
2番乗場≪大久保浄水場行≫→市役所前又は「市役所北口」下車
2番乗場≪桜区役所行≫→市役所前又は「市役所北口」下車
【JR「北浦和」駅 西口より】
1番乗場≪浦和駅西口行≫→市役所北口下車
1番乗場≪西浦和車庫行≫→市役所北口下車

◆お問い合わせ
一般社団法人 埼玉県労働者福祉協議会
TEL 048-833-8731

【2/25~3/12 東京】江古田映画祭「2017.3.11福島を忘れない」

※画像をクリックするとPDF表示されます

◆会場①「赤宇木」上映
2017/2/25(土) 13:00~
武蔵大学 1号館地下 1002 シアター教室
〒176-0011 東京都練馬区豊玉上1-26-1

【備考】
・参加・資料代500円(チケット代は無料)
・予約不要

◆会場② 映画各種上映
2017/2/26(日)~3/12(日)
ギャラリー古藤
〒176-0006 東京都練馬区栄町9-16
武蔵大学正面斜め向かい

【上映作品】
・「太陽の蓋」
・福島県立相馬高校放送局 震災を伝える
・飯舘村の母ちゃんたち 土とともに
・チャルカ~未来を紡ぐ糸車~
・新地町の漁師たち
・大地を受け継ぐ
・奪われた村
・浪江町消防団物語「無念」
・福島 浜通りの学校
・武蔵大学 永田ゼミ制作作品
・【2/27(月) 17:00~18:30】江古田映画祭~3・11福島を忘れない記念イベント
 <福島に寄りそう>
 原発事故と大震災から6年の福島へ、歌と詩とトークで思いを寄せます。
※「奪われた村」と「福島 浜通りの学校」は2本セット

【チケット】
映画1本につき
大人 予約1000円、当日1200円
大学生・ハンデのある方 800円
高校生以下 無料
チケット3枚つづり 2700円
・トークがある場合も上記料金に含まれます。
・「赤宇木」「武蔵大学永田ゼミ制作作品」「記念イベント<福島に寄りそう>」は各500円

◆お申し込み・お問い合わせ
電話・メールでの予約をお願いします。
TEL 03-3948-5328
MAIL fwge7555[at]mb.infoweb.ne.jp
*[at]を@にかえてご利用ください

◆主催
江古田映画祭実行委員会

【3/25 さいたま市中央】あれから6年。そして、これから。この6年間に見えてきたこと、考えてきたこと。

さいがい・つながりカフェ トークイベント

※画像をクリックするとPDF表示されます

さいたまスーパーアリーナが避難所となってからすでに6年が経ちました。しかし、いまも多くの方々が埼玉県内で避難生活をされています。そして、あれから、広島、常総、熊本等々、全国各地で災害が起こりました。
そして、避難することになった時、どのような状況に陥るのか、何が必要となるのか-私たちが6年前の教訓からしっかり学び、活かす前に、同じような課題が生じているという現状もあります。
このトークイベントでは、改めて、この6年を振り返り、あの地震・津波・原発事故から私たちが何を次に引き継がねばならないのか、みなさんとご一緒に考えていければと思います。ご参加お待ちしています。

◆日時
2017/3/25(土)
13:30 開会
   さいがい・つながりカフェの歩み
13:45 With You さいたまでのこれまでの取組
   瀬山紀子さん(With You さいたま事業コーディネータ)
~休憩~
14:10 被災者支援を防災につなぐ取組みから
   村野淳子さん(大分県別府市企画部危機管理課)
   お話しと参加者を交えた経験交流
16:00 閉会

◆会場
埼玉県男女共同参画推進センター(With You さいたま) 4F セミナー室1・2
〒330-0081 埼玉県さいたま市中央区新都心2-2 ホテルブリランテ武蔵野
TEL 048-601-3111

◆アクセス
【電車】
・京浜東北線・高崎線・宇都宮線「さいたま新都心」駅より徒歩5分
・埼京線「北与野」駅より徒歩6分
【駐車場】
専用駐車場なし。地下1階がホテルブリランテ武蔵野の有料駐車場となっていますが、収納台数には限りがありますので、なるべく公共交通機関をご利用ください。

◆備考
・参加費無料
・予約不要
ご参加いただける方は、当日、直接会場にお越しください!お待ちしています。

◆主催
さいがい・つながりカフェ実行委員会

◆共催
埼玉県男女共同参画推進センター(With You さいたま)

◆お問い合わせ
薄井さん
TEL 080-5532-7380
MAIL tunagari.saitama[at]gmail.com
*[at]を@にかえてご利用ください

【3/8~12 朝霞】ふくしまは今 映画と写真展

※画像をクリックするとPDF表示されます

莫大な費用 延々と続く廃炉事業。次代へ引き継がれる 負の遺産。責任は誰がとるの?

◆タイムスケジュール
3/8(水) 13:00~18:00
ふるさと被災者による写真展「ふるさとは今」

3/9(木) 9:30~18:00
ふるさと被災者による写真展「ふるさとは今」

3/10(金) 9:30~18:00
ふるさと被災者による写真展「ふるさとは今」

3/11(土)
9:30~18:00 ふるさと被災者による写真展「ふるさとは今」
13:00 映画「日本と再生」上映会
15:30 おはなし「自主避難は今」

3/12(日)
9:30~17:00 ふるさと被災者による写真展「ふるさとは今」
10:00 講演「原発から地熱発電へ」
13:00 映画「日本と再生」上映会
15:30 ふれあいトーク・詩

◆会場
朝霞市立図書館 展示ギャラリー/視聴覚室
〒351-0016 埼玉県朝霞市青葉台1-7-26
TEL 048-466-8686

◆アクセス
【電車】
東武東上線「朝霞」駅 南口より徒歩約7分
【バス】
市内循環バスわくわく号膝折・溝沼線「図書館入口」バス停より徒歩約2分
【駐車場】
無料52台あり。(うち、障害者用1台、軽自動車用4台)
※図書館敷地内・第2・第3・第4・第5駐車場があります。

◆入場料
無料

◆内容
【映画】
日本と再生-光と風のギガワット作戦
監督:河合弘之さん
音楽:新垣隆さん/坂本隆一さん

【おはなし】
「自主避難者は今」
講師:吉田千亜さん(フリーライター)

【講演】
「原発から地熱発電へ」
講師:冨永靖徳さん(お茶ノ水女子大学名誉教授)

【ふれあいトーク】
詩:熊川多恵子さん(双葉出身・朝霞市在住)
河井かおりさん

【ふるさと被災者による写真展】
「ふるさとは今」
写真:高木成幸さん他

◆主催・お問い合わせ
ふくしまは今 映画と写真展実行委員会
大野さん
TEL 090-5209-9467

【2/27 東京】江古田映画祭記念イベント≪福島に寄りそう≫

※画像をクリックするとPDF表示されます

「3・11福島を忘れない」をテーマに2013年から開催してきた江古田映画祭。今回2017年は記念イベントにゲストをお迎えし、原発事故と大震災から6年の福島へ、歌と詩とトークで思いを寄せます。

◆日時
2017/2/27(月) 17:00~18:30

◆会場
ギャラリー古藤
〒176-0006 東京都練馬区栄町9-16
武蔵大学正面斜め向かい

◆アクセス
【電車】
西部池袋線「江古田」駅 南口より徒歩5分
都営地下鉄「新江古田」駅より徒歩7分
西武鉄道有楽町線「新桜台」駅より徒歩6分
【バス】
関東バス「江古田」駅より徒歩4分
都営バス「武蔵大学前」より徒歩1分
【駐車場】
無し。近くのコインパーキングをご利用ください。

◆内容
【トーク】
菊池和子さん(写真家)
展示写真「フクシマ 漂流はつづく」について

【詩の朗読】
小島力さん(詩人、原発事故により福島県葛尾村から東京都へ避難)
詩集『わが涙茫々~原発にふるさとを追われて』

【歌とギターのミニライブ】
山本さとしさん(シンガーソングライター、福島県喜多方市出身)
代表曲『ヒロシマのある国で』『浜通りの風』ほか

◆参加費
500円

◆備考
・40名定員制
・予約優先入場

◆予約・お問い合わせ
ギャラリー古藤
TEL 03-3948-5328
MAIL fwge7555[at]mb.infoweb.ne.jp
*[at]を@にかえてご利用ください

【3/16 加須】社協と地域と生協のサロン『昼食会』

※画像をクリックするとPDF表示されます

双葉町の皆さま、こんにちは(^O^)/
まだまだ寒い日が続いてますが、節分も過ぎ、季節は春に向かっています。もうすぐ、暖かくなりますね。
春分の日も、もうすぐ 今年の桜はいつ頃開花するのかな?なんて、話でも・・・楽しくお話ししませんか♪♪
来月も参加お待ちしています。

◆日時
2017/3/16(木) 11:00~

◆会場
いきいきサポートセンター
〒347-0105 埼玉県加須市騎西501-13 双葉町社会福祉協議会 加須事務所
TEL 0480-70-0057

◆アクセス
バス:東武鉄道伊勢崎線「加須」駅よりバスに乗車。騎西一丁目バス停下車、徒歩7分。

◆メニュー
3月はひな祭り!今年もお節句はちらし寿司で・・・という訳で、3月のメニューは、
・ちらし寿司
・すまし汁
・お漬物
・デザート:さくら餅
です。

◆共催
パルシステム埼玉
コープみらい

◆お問い合わせ
双葉町社会福祉協議会 加須事務所
TEL 0480-70-0057

避難者の高速無料化措置、平成30年3月31日まで1年間延長

2月13日、石井国土交通省は、東京電力福島第一原発事故による避難者および自主避難者のうち「母子・父子避難」世帯を対象とした高速道路料金の無料化措置を平成30年3月31日まで1年間延長する方針を示しています。

併せて、料金所通過時の手続きの迅速化も検討するようです。

詳細は福島民報のこちらの記事をご参照ください。

・正式な発表がNEXCO東日本のホームページに掲載されています。

  • 詳細等については、別紙【PDF:297KB】PDFへリンクをご参照ください。

 

 

【3/7-12 和光】みんなでつながろうin和光 チャリヒイベント&コンサート

※画像をクリックするとPDF表示されます

①写真展 花の力「福島の花」野口勝宏写真展
【日時】2017/3/7(火)~12(日) 9:30~17:00
【会場】サンアゼリア展示ホール
【費用】観覧無料

②和光3・11つながりカフェ
【日時】2017/3/10(金)12:30開場 13:00~16:00
【会場】サンアゼリア小ホール
【内容】
第1部「震災から6年、ふくしまの今をつたえる」富岡3・11を語る会 代表 青木淑子さん
第2部「市民歌を歌ったボニージャックスが再び和光へ♪」
【定員】先着150名
【費用】チケット申し込み制、無料配布
【申込】和光市ボランティアセンター TEL048-452-7606

③「和光3・11を忘れない」コンサート~トップ&シビックコンサート~
【日時】2017/3/11(土)12:30開場 13:00~16:00
【会場】サンアゼリア大ホール
【費用】1500円(学生500円)
【内容】
第1部「弦の祈り」蓑田真理さん、中山良夫さんなどトッププロが弦による祈りを捧げる。
第2部「合唱の蘇り」市民を中心に近隣の有志で合唱団、オーケストラを結成し演奏。

④音楽家・谷川賢作と「ひとり、ひとり 手から手へ」
【日時】2017/3/12(日)13:00開場 13:30~16:30
【会場】サンアゼリア小ホール
【費用】1000円(学生500円)
【内容】音楽家 谷川賢作さんと写真家 野口勝宏さんの対談、合唱共演コンサート、朗読と合唱で綴る、谷川賢作さんの世界。
【問合】2017/1/5(木)よりチケット配布、販売
和光市社会福祉協議会 和光市ボランティアセンター
TEL 048-452-766(月~金 9:00~16:00、土祝祭日休み)
和光3・11を忘れない実行委員会
斉藤さん TEL 090-5793-3800
江頭さん TEL 070-5078-2531

【2/11 さいたま市中央】学習会『原発事故から6年、孤立させない…広げよう、家族保養』

被災者と支援者がともにきり拓く一歩
あなたと考えたい、被災者をいじめる「国ってなんだろう?」

※画像をクリックするとPDF表示されます

放射能被害はがん等疾病を増加させる一方で、原発被災から6年目、帰還を強いる施策、住宅支援の打ち切りなど、被災者の心身の疲れに追い打ちをかけるものです。国、行政の施策はこの時を見はからっていたかのように、冷酷なものです。
とくに住宅支援打ち切りは重大な問題です。避難家族への深刻なダメージになるにちがいありません。また被災地でお子さんへの影響を深刻に受け止めている家族の孤立や、家庭内の環境の悪化が心配されます。
被災地への帰還、または生活を奪われ避難を余儀なくされた方々、心身の疲労を癒す場として、「止まり木」「いのち綱」として、保養の場はもっと利用されるべき時ですが、保養の生活スタイルが、根を下ろしているとはいえません。
今、支援の力がためされています。「カラッポのおうち」はもっとたくさん必要なのではないでしょうか。「家族保養の家」をしっかり維持しながら、同時に、危機的な社会のゆがみの象徴であり、その矛盾の噴出したかのような原発事故について考えを深めます。
早尾貴紀准教授は被災者であり、父であり、支援者として保養活動ネットワーク「311受け入れ全国」の共同代表でもあります。また、吉田千亜さんは埼玉に母子避難した被災者の立場に立ち的確に状況を把握する取材で、活躍中のジャーナリストです。お二人の講師から、原発事故後の子どもたちを取り巻く状況をお聞きし、保養について考えていきます。被災者、支援者がともに考え、切り拓く、はじめの一歩の学習会としたいと思います。
放射能被害から子どもをまもる志を持つ「大人たち」多数のお越しをお待ちします。

◆日時
2017/2/11(土) 13:15開場 13:30~16:30

◆会場
With Youさいたま 視聴覚室
〒330-0081 埼玉県さいたま市中央区新都心2-2 ホテルブリランテ武蔵野
TEL 048-601-3111

◆アクセス
【電車】
・京浜東北線・高崎線・宇都宮線「さいたま新都心」駅より徒歩7分
・埼京線「北与野」駅より徒歩7分。
【駐車場】
専用駐車場なし。地下1階がホテルブリランテ武蔵野の有料駐車場となっていますが、収納台数には限りがありますので、なるべく公共交通機関をご利用ください。

◆お話し
・早尾貴紀さん(東京経済大学准教授・「311受け入れ全国」共同代表)
・吉田千亜さん(『ルポ 母子避難』著者・フリージャーナリスト)

◆主催・お問い合わせ
カラッポのおうちの会
TEL 090-8502-6207/TEL 090-8442-1364(杉村さん)
MAIL karapponouti[at]gmail.com
*[at]を@にかえてご利用ください
*2/11、当日のご連絡については、携帯電話へお願いいたします。

【3/2 加須】双葉町老人クラブ女性会&さいがい・つながりカフェ

定例サロンを開催します。

◆日時
2017/3/2(木) 10:00~12:00

◆会場
いきいきサポートセンター
〒347-0105 埼玉県加須市騎西501-13 双葉町社会福祉協議会 加須事務所
TEL 0480-70-0057

◆アクセス
バス:東武鉄道伊勢崎線「加須」駅よりバスに乗車。騎西一丁目バス停下車、徒歩7分。

◆お問い合わせ
さいがい・つながりカフェ
薄井さん
TEL 080-5532-7380

  • 地域名で交流会情報を表示