震災支援ネットワーク埼玉

震災支援ネットワーク埼玉

431279.com
しんさいつなぐ

お知らせ
SSNからのお知らせです。

SSNからのお知らせ

【7/25-30 電話相談】全国一斉!弁護士による無料電話相談ウィーク!

~原発事故により避難されているみなさまへ~
2016072530
※画像をクリックするとPDF表示されます

福島第一原子力発電所事故により全国各地に避難されているみなさまを対象として「一斉電話相談ウィーク」を開催します。避難者のみなさまの様々なお悩みに弁護士が無料の電話相談でお答えします。
原子力損害賠償に関するご相談については、別途、個別に対面相談日を設けることも可能ですので、この機会にぜひご利用下さい。

◆開催日時
2016/7/25(月)~7/30(土) 10:00~18:00

◆電話番号
TEL 0120-615-030

◆相談例
こんなお悩み。相談してみませんか?
・避難費用を東電に支払ってほしい。
・生活費増加分の負担が苦しい。
・借り上げ住宅支援が終わったらどうしたらよいかわからない。
・弁護士に相談したい。
・・・ほか避難に伴うお悩みならなんでも

◆主催 関東弁護士会連合会
◆後援 日本弁護士連合会

◆お問い合わせ
関東弁護士連合会 事務局
担当事務局:大野さん
〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-1-3 弁護士会館14F
TEL 03-3581-3838

【NHK 番組紹介】「心をサポートする体制作り」

当団体メンバーであり早稲田大学人間科学学術院 辻内琢也教授がNHKの番組に出演いたしました。
当団体の活動についてもふれられています。

【放送日】2016/6/3(金)
【番 組】NHK総合「視点・論点」
【内 容】
「心をサポートする体制作り」

詳細はNHKアーカイブスに掲載されておりますので、ぜひご参照くださいませ。
※内容タイトルクリックでNHKアーカイブスに移動します。

【就労相談】埼玉県女性キャリアセンター

埼玉県女性キャリアセンターでは、女性の方を対象にお仕事に関する個別相談、セミナーの開催、職業紹介を行っております。また、企業での職場体験を実施したり、ハローワーク求人情報がみられる求人検索機も設置しております。
仕事を始めるために何から始めたらいいかわからない、ブランクが長くてどんな仕事ができるか、何回応募してもうまくいかない、仕事を始めたけれど家庭と両立できるか心配・・・
などなど仕事に関するハードルは人それぞれです。
そんな方はまず女キャリをちょっと覗いてみてください。短時間のちょこっと相談もございます。スタッフ一同お待ちしております。

◆要予約
面談相談、セミナー

◆予約不要
ちょこっと相談(ご案内)
・ハローワーク求人情報の検索機ご利用
 9:30~17:30
・紹介状発行
 10:00~17:00
・電話相談
 月~金
 10:00~11:30、12:30~16:30
 電話相談専用
 TEL 048-601-1023

◆アクセス
【電車】
・JR京浜東北線、高崎線・宇都宮線「さいたま新都心」駅より徒歩5分
・JR埼京線(各駅停車)「北与野」駅より徒歩6分
【駐車場】
専用駐車場はありません。公共交通機関をご利用ください。

◆お問い合わせ・予約受付時間
埼玉県女性キャリアセンター
TEL 048-601-5810
月~土
9:30~17:30(祝日、毎月第三木曜はお休み)

医療機関での窓口での一部負担金の免除

福島第一原発の事故による被災者の方には医療機関での一部負担金の免除措置については避難指示区域所得によって下記の表の通り区分されることが2016年3月1日付けで全国健康保険協会より発表されています。

免除措置の継続となる方には、更新した免除証明書を平成28年2月末までに送付されているとのことです。

万一、対象であるにもかかわらず、更新された免除証明書がお手元に届いていない場合、最寄りの協会けんぽ支部、あるいは国民健康保険の場合には避難元の役所に問い合わせするようにいたしましょう。

対象区分 有効期限
特定避難勧奨地点の指定が、平成26年度に解除された区域の上位所得層(※2)に該当する方 平成28年2月29日
をもって免除終了(※3)
避難指示解除準備区域の指定が、平成27年度に解除された区域の上位所得層(※2)に該当する方 平成28年9月30日
(※3)
現に帰還困難区域、居住制限区域、避難指示解除準備区域に指定されている区域の方 平成29年2月28日
旧緊急時避難準備区域の方(上位所得層(※2)に該当する方を除く)
特定避難勧奨地点の指定を受けていた方(上位所得層(※2)に該当する方を除く)
避難指示解除準備区域の指定が、平成27年度までに解除された区域の方(上位所得層(※2)に該当する方を除く)

(※1)被保険者とその被扶養者が保険医療機関・保険薬局及び指定訪問看護事業者で受けた療養に係る一部負担金をいいます。

(※2) 上位所得層とは、事業主から受ける毎月の給料などの報酬の月額が、53万円以上の被保険者をいいます。

(※3) 平成28年3月以降、上位所得層から一般所得層(標準報酬月額50万円以下)に所得区分の改定が行われた場合は、改めて免除申請をしていただくことで所得区分の改定された月より免除措置の対象となり、一部負担金が免除されます。

詳しくは、全国健康保険協会のこちらのページをご参照ください

避難指示区域については経済産業省のこちらのページをご参照ください

*本措置は、年度ごとに更新/見直しが行われていくものと思われます。平成29年(2017年)以降の対応については、新たな発表を待つことにいたしましょう。

【2/27 東京】首都圏避難者の生活再建への道~予想される分断と切り捨てに対する支援のあり方~

20160227

※画像をクリックするとPDF表示されます

震災支援ネットワーク埼玉(SSN)と早稲田大学医療人類学研究所(WIMA)では、2015年12から第4回目となる大規模避難者状況調査を実施しています。
これまでの調査結果では、約6割の方が、依然としてPTSD(心的外傷後ストレス障害)の可能性があるほどの精神的苦痛を抱え続けていることが判明しています。
今回のシンポジウムでは、この精神的苦痛の要因、取り巻く環境・状況、さらには避難者の生活再建に向けての課題について考え、予想される分断と切り捨てに対する支援のあり方を探ってまいります。

◆日時
2016/2/27(土)
13:00 開場
13:30~17:00

◆会場
早稲田大学 早稲田キャンパス 11号館 819教室
〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1-20-14
TEL 03-5286-1755(事務室)

◆アクセス
電車:都電荒川線「早稲田」駅より徒歩5分、東京メトロ

◆内容
【第1部】
早稲田ワーキンググループからのアンケート調査報告

【第2部】
基調講演
「~原子力災害からの5年を調査実績から振り返る~構造的暴力による社会的虐待」
辻内琢也さん
(早稲田大学人間科学学術院 健康福祉学科 准教授・早稲田大学災害復興医療人類学研究所 所長・心療内科医)

【第3部】
パネルディスカッション
「予想される分断と切り捨てに対する支援のあり方」
モデレーター
辻内琢也さん
(早稲田大学人間科学学術院 健康福祉学科 准教授・早稲田大学災害復興医療人類学研究所 所長・心療内科医)

パネリスト
避難生活当事者
中川博之さん(埼玉青年司法書士協議会 司法書士)
森川 清さん(東京災害支援ネット 代表・弁護士)
猪股 正さん(震災支援ネットワーク埼玉 代表・弁護士)

【質疑応答】

◆入場料
無料

◆主催 震災支援ネットワーク埼玉(SSN)
◆協力 早稲田大学災害復興医療人類学研究所東京災害支援ネット(とすねっと)

◆お問い合わせ
震災支援ネットワーク埼玉(SSN)
TEL 048-829-7400
MAIL desk[at]431279.com
*[at]を@にかえてご利用ください

【2/13 さいたま市浦和】被災者支援オーガナイザーワークショップ~課題解決のためのケーススタディ~(受講無料)

20160213

※画像をクリックするとPDF表示されます

生活再建を目指す避難者にとって、その道のりは険しい状況にあり、多くのお困りごと、悩みを抱えていらっしゃいます。
今回の講座では、より具体的な事例をもとに、どのように被災者の相談に対応するか、抱える問題を解決するために、専門家/専門機関など、適切な社会資源にどうつなぐかを実践的に学びあいます。

◆日時
2016/2/13(土)
12:30 受付開始
13:00~16:30 講座

◆会場
武蔵浦和コミュニティセンター 第4集会室
〒336-0021 埼玉県さいたま市南区別所7-20-1(サウスピア 8F)
TEL 048-844-7215

◆アクセス
電車:JR「武蔵浦和」駅 西口よりデッキ直結(徒歩2分)
駐車場:有料あり。

◆受講料
無料

◆備考
・定員20名
・グループワークです
・震災支援者対象です
・要お申し込みとなります

◆お申し込み
【2/11(木)まで】に下記6項目を主催宛にメールまたはお電話にてお申し出ください。
1. お名前(フリガナ)
2. 性別
3. 職業/専門などの所属
4. 被災体験(あれば)
5. 電話番号
6. メールアドレス

◆主催・お申し込み・お問い合わせ
震災支援ネットワーク埼玉(SSN)
TEL 048-829-7400
MAIL desk[at]431279.com
*[at]を@にかえてご利用ください

【12/19 東京】早稲田大学 災害復興医療人類学研究所「災害復興に向けた多面的ヴィジョンの創生③」

第3回 公開研究会 早稲田大学『災害復興医療人類学研究所』
テーマ:災害復興に向けた多面的ヴィジョンの創生③ ≪発達行動学&社会学≫20151219※画像をクリックするとPDF表示されます

◆日時
2015/12/19(土) 13:00~18:00

◆会場
早稲田大学 11号館 8階 819教室
〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1-20-14

◆アクセス
電車:JR・西武線「高田馬場」駅より徒歩20分、地下鉄東西線「早稲田」駅より徒歩10分。
バス:都営バス「西早稲田」徒歩3分、都電荒川線「早稲田」徒歩5分、国際会議場ななめ前。
 
◆主催
早稲田大学『災害復興医療人類学研究所』

◆共催◆
震災支援ネットワーク埼玉(SSN)、基盤研究(B):震災復興公共人類学、早稲田大学『応用脳科学研究所』、NPO法人 全国福島県人友の会

◆お問い合わせ
早稲田大学 災害復興医療人類学研究所
早稲田大学人間科学学術院 辻内研究室内
〒359-1192 埼玉県所沢市三ケ島2-579-15
TEL/FAX:04-2947-6901
E-mail:shinsai-wima[at]list.waseda.jp
*[at]を@にかえてご利用ください。

【住宅支援】福島県が工務店・設計者探しをお手伝い

homehome2

※画像をクリックするとPDF表示されます
詳細は福島県地域型復興住宅推進協議会のページをご確認ください。

家を建てたいけど工務店・設計者が見つからない方向けの支援です。

◆マッチングの流れ

1.建築主の方は依頼書に必要事項を記入の上、事務局にメールまたはFAX・郵送でお申し込みください。

2. 事務局は、登録事業者(工務店・設計者等)に対応の可否を照会。

3. 対応可能な登録事業者(工務店・設計者等)は、事務局にその旨を連絡。

4. 事務局は、照会した結果を建築主に連絡。(2週間以内)
※対応可能な登録事業者(工務店・設計者等)があった場合は、そのリストを建築主に送ります。

5. 建築主は、リストを見て登録事業者(工務店・設計者等)に直接連絡。

6. 建築主と登録事業者のマッチング成立。

7. 合意が成立した登録事業者(工務店・設計者等)はその旨を事務局へ報告。

◆対象
日本大震災による被災者及び原子力災害により避難を余儀なくされた避難者
※建設場所等、ご不明な点はお問い合わせください。

◆期間
2015/4/1~2016/3/31

◆費用
利用料無料

◆お申し込み方法
建築主の方は、依頼書に必要事項を記入の上、事務局にメールまたはFAX・郵送でお申し込みください。
FAX 024-521-5087
MAIL info[at]fukushima-hukkoujuutaku.org
*[at]を@にかえてご利用ください

◆お問い合わせ
福島県地域型復興住宅推進協議会
事務局 (一社)福島県建築士事務所協会
〒960-8061 福島県福島市五月町4-25 福島県建設センター5F
TEL 024-521-4033
FAX 024-521-5087
MAIL info[at]fukushima-hukkoujuutaku.org
*[at]を@にかえてご利用ください

【就職】“ふくしまへの扉!”そんな想いを応援します(福島県内)

県外に避難されている皆様へ
fturn
※画像をクリックするとPDF表示されます

ふくしま就職応援センターは、福島県が県内5ヶ所に設置した相談窓口で、福島での新たな生活を考えている。そんな方の仕事さがしのトビラを開くお手伝いをします。
一時帰宅や帰省される際に、お近くの窓口にお立ち寄りください。

◆開館
月曜日~土曜日
10:00~19:00 (南相馬窓口のみ9:00~18:00)

◆休館日
日曜日、祝日、12月29日~1月3日までの年末年始

◆窓口
郡山窓口
福島県郡山市駅前1-14-21 郡山花椿ビル8F
TEL:024-925-0811

白河窓口
福島県白河市郭内1 NTT白河ビル1F
TEL:0248-27-0041

会津若松窓口
福島県会津若松市南千石町6-5 会津若松商工会議所会館2F
TEL:0242-27-8258

南相馬窓口
福島県南相馬市原町区南町1-1 松本ビル2F
TEL:0244-23-1239

いわき窓口
福島県いわき市平字梅本15 福島県いわき合同庁舎西分庁舎1F
TEL:0246-25-7131

◆こんな支援(サービス)をしています
・県内5ヶ所の情報を持って、相談員が皆さんのところに伺います。
・相談員と直接顔を合わせて相談ができます。
・知りたい福島県内の求人情報をお伝えします。※
・就職イベントの情報を提供しています。
・一時帰宅や帰省の際に各センター窓口の利用ができます。

※規定により建設現場作業、除染作業等、野外で行う作業の求人情報は提供できません。

☆まずは、お電話ください

◆こんな声を聴いてきました(応えてきました)
・福島県内で仕事を探したい…、どうしたらいいのか教えて。
・資格(保育士、医療事務etc)を活かした仕事がしたい。
・子供が小さいので、短時間のパートを探している。
・お年寄りの面倒を見るので、住まいの近場がいい。
・こんな歳では戻っても働き口がないのでは。
・子供の仕事の悩みを聞いてほしい。
・長く働ける仕事に就きたい。
・正社員で働きたい。

☆あなたの声も聞かせてください

◆お問い合わせ
ふくしま就職応援センター 郡山窓口
TEL 024-925-0811
FAX 024-925-0812

(終了しました)【11/28 さいたま市浦和】被災者支援オーガナイザー講座~課題解決のためのケーススタディ~(受講無料)

20151128

※画像をクリックするとPDF表示されます
生活再建を目指す避難者にとって、その道のりは険しい状況にあり、多くのお困りごと、悩みを抱えていらっしゃいます。
今回の講座では、より具体的な事例をもとに、どのように被災者の相談に対応するか、抱える問題を解決するために、専門家/専門機関など、適切な社会資源にどうつなぐかを実践的に学びあいます。

※チラシ原本をお受け取りのみなさまへ。
開催時間を間違えての広報が一部ございました。大変失礼いたしました。正しくは本文の通りとなりますのでご確認下さいませ。

◆日時
2015/11/28(土)
18:30 受付開始
19:00~21:00 講座
お時間に余裕をもってご来場ください

◆会場
浦和コミュニティセンター 第14集会室
〒330-0055 埼玉県さいたま市浦和区東高砂町11-1 浦和PARCO・コムナーレ10F
TEL 048-887-6565

◆アクセス
電車:JR「浦和」駅 東口より徒歩1分

◆受講料
無料

◆備考
・定員20名
・グループワークです
・震災支援者対象です
・要お申し込みとなります

◆お申し込み
【11/26(木)まで】に下記6項目を主催宛にメールまたはお電話にてお申し出ください。
1. お名前(フリガナ)
2. 性別
3. 職業/専門などの所属
4. 被災体験(あれば)
5. 電話番号
6. メールアドレス

◆主催・お申し込み・お問い合わせ
震災支援ネットワーク埼玉(SSN)
TEL 048-829-7400
MAIL desk[at]431279.com
*[at]を@にかえてご利用ください