震災支援ネットワーク埼玉

震災支援ネットワーク埼玉

431279.com
しんさいつなぐ

11月

安倍政権の原発事故対応「責任果たさず」半数 県内市町村長本社アンケート – 福島民報

安倍政権の原発事故対応「責任果たさず」半数 県内市町村長本社アンケート
福島民報
原発事故に伴い避難区域が設定された12市町村では、南相馬市を除く11市町村長が「加速した」または「一部加速した」と答えた。除染、原子力損害賠償などが加速したと評価している。一部加速したと答えた宮本皓一富岡町長は今後の復興に向け、「健康管理や避難者支援 …

安倍政権の原発事故対応「責任果たさず」半数 県内市町村長本社アンケート – 福島民報

安倍政権の原発事故対応「責任果たさず」半数 県内市町村長本社アンケート
福島民報
原発事故に伴い避難区域が設定された12市町村では、南相馬市を除く11市町村長が「加速した」または「一部加速した」と答えた。除染、原子力損害賠償などが加速したと評価している。一部加速したと答えた宮本皓一富岡町長は今後の復興に向け、「健康管理や避難者支援 …

「インフラの復興」から「心の復興」へ – ハフィントンポスト


ハフィントンポスト

「インフラの復興」から「心の復興」へ
ハフィントンポスト
いわき市北東部は福島第一原発から30km圏内に属します。当時、双葉郡の方々と同じ様に放射能不安を抱え … これらの正しい矛先は国の「原子力損害賠償紛争審査会」が決めた基準とその基準内での賠償を行う東京電力です。 いわき市内に避難されている双葉郡の方々が …

and more »

「インフラの復興」から「心の復興」へ – ハフィントンポスト


ハフィントンポスト

「インフラの復興」から「心の復興」へ
ハフィントンポスト
いわき市北東部は福島第一原発から30km圏内に属します。当時、双葉郡の方々と同じ様に放射能不安を抱え … これらの正しい矛先は国の「原子力損害賠償紛争審査会」が決めた基準とその基準内での賠償を行う東京電力です。 いわき市内に避難されている双葉郡の方々が …

東日本大震災:福島第1原発事故 東電、全損賠償を受諾 原発ADR、拒否の3世帯不動産 /福島 – 毎日新聞

東日本大震災:福島第1原発事故 東電、全損賠償を受諾 原発ADR、拒否の3世帯不動産 /福島
毎日新聞
国の原子力損害賠償紛争解決センターの和解仲介手続き(原発ADR)で、居住制限区域の飯舘村蕨平(わらびだいら)地区の33世帯に帰還困難区域と同等の賠償を認めた和解案について、東京電力は拒否していた3世帯分の不動産の全損賠償を受諾した。受諾は18、21日付 …

衆議院選挙公約2014 – 社会民主党

衆議院選挙公約2014
社会民主党
避難者への就労不能損害の賠償金支払い打ち切りを許しません。ADR(原子力損害賠償紛争解決センター)の和解案を東電が拒否することのないよう強く働きかけます。 ○川内原発をはじめ、原発再稼働は一切認めません。原発の新増設はすべて白紙撤回します。福島第一 …

第38回 原発30キロ圏外の飯舘村民が踏み出した「誇り」を取り戻す闘い – BLOGOS

第38回 原発30キロ圏外の飯舘村民が踏み出した「誇り」を取り戻す闘い
BLOGOS
原子力損害賠償紛争解決センターとは、原発事故による被害の賠償を迅速に進めるために国が設置した紛争解決機関だ。東電の賠償額に納得できない場合に申し立てをすれば、弁護士ら仲介委員が和解案を提示してくれる。裁判よりも手続きが簡単で解決のメドは4~5カ月と …

東電に8億7500万円請求 いわき市 – 福島放送

東電に8億7500万円請求 いわき市
福島放送
東京電力福島第一原発事故に伴う損害賠償請求で、いわき市は26日、東電に対し平成25年度分の損害賠償計8億7502万1914円を請求した。 内訳は市税などの減収分約2億2522万円、汚染焼却灰の処理費用など追加経費が2億6235万7000円など。 清水敏男市長が …
福島)「行政賠償、年度内にも」東電・石崎代表朝日新聞

all 2 news articles »

福島)「行政賠償、年度内にも」東電・石崎代表 – 朝日新聞

福島)「行政賠償、年度内にも」東電・石崎代表
朝日新聞
東京電力福島第一原発の事故で税収減などの被害を受けたとして、県内の各市町村が東京電力に損害賠償を求めている問題で、東電福島復興本社の石崎芳行代表は26日、「今後、行政賠償は迅速に対応したい」と述べ、可能な分は年度内にも支払いに応じる考えを示した。

【11/29 東京】なみえの“しゃべり場”inTOKYO~集まれ!浪江のなかま~

20141129

※画像をクリックするとPDF表示されます

関東地方へ避難されているみなさんを対象とした大規模交流会「なみえの“しゃべり場”inTOKYO」を開催いたします。
今回も超超の出席を予定しております。また、開発中の浪江町タブレットの体験イベントも予定しております。
みなさんお誘い合わせのうえ、ぜひお越しください。
ご来場お待ちしています。

◆日時
2014/11/29(土) 13:00~16:00

◆会場
東京国際フォーラム ガラス棟4F G409会議室
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3丁目5−1
03-5221-9000

◆アクセス
電車:
JR「東京」駅より徒歩5分(京葉線東京駅とB1F地下コンコースにて連絡)
JR「有楽町」駅より徒歩1分
地下鉄有楽町線「有楽町」駅より徒歩4分(B1F地下コンコースにて連絡)
地下鉄千代田線「二重橋前」駅より徒歩5分、「日比谷」駅より徒歩5分
地下鉄丸ノ内線「銀座」駅より徒歩5分
地下鉄銀座駅「銀座」駅より徒歩7分、「京橋」駅より徒歩7分
地下鉄三田線「日比谷」駅より徒歩5分

◆当日のスケジュール(予定)
12:30 開場・受付開始
13:00 はじめに
 [1] 開会
 [2] 町長挨拶・質疑応答
 [3] タブレット事業説明・講演会「シニアのパソコン・タブレット活用法」
14:45 交流会(フリータイム)
 町長も参加予定です。
16:00 閉会

※当日の進行具合により多少時間が前後する場合がございます。あらかじめご了承ください。

◆主催
浪江町

◆お問い合わせ
浪江町生活支援課 避難生活支援係
TEL 0243-62-0305

  • 地域名で交流会情報を表示