震災支援ネットワーク埼玉

震災支援ネットワーク埼玉

431279.com
しんさいつなぐ

01月

福島労働局が2日から就労不能損害賠償相談 – 福島放送

福島労働局が2日から就労不能損害賠償相談
福島放送
福島労働局は2月2日から3月31日まで、福島、いわき、郡山、南相馬4市のハローワークに、東京電力福島第一原発事故の就労不能損害賠償の専用相談窓口を設置する。 原発事故発生時点で避難指示区域に生活拠点や勤め先があった人を対象とした東電からの就労不能 …

and more »

福島労働局が2日から就労不能損害賠償相談窓口設置 県内4市のハローワークに – 福島民報

福島労働局が2日から就労不能損害賠償相談窓口設置 県内4市のハローワークに
福島民報
福島労働局は2月2日から3月31日まで、福島、いわき、郡山、南相馬4市のハローワークに、東京電力福島第一原発事故の就労不能損害賠償の専用相談窓口を設置する。 原発事故発生時点で避難指示区域に生活拠点や勤め先があった人を対象とした東電からの就労不能 …

and more »

福島労働局が2日から就労不能損害賠償相談窓口設置 県内4市のハローワークに – 福島民報

福島労働局が2日から就労不能損害賠償相談窓口設置 県内4市のハローワークに
福島民報
福島労働局は2月2日から3月31日まで、福島、いわき、郡山、南相馬4市のハローワークに、東京電力福島第一原発事故の就労不能損害賠償の専用相談窓口を設置する。 原発事故発生時点で避難指示区域に生活拠点や勤め先があった人を対象とした東電からの就労不能 …

<白石市制60年>地域の連帯と絆裂く/(下)原発事故 – 河北新報

<白石市制60年>地域の連帯と絆裂く/(下)原発事故
河北新報
問われる自活力 蔵王連峰山麓の福岡深谷地区でイワナの養殖業を営む村井雄(56)は、風評被害で売り上げが落ち込み、東京電力に損害賠償を独力で請求した。 大手水産会社で法務を担当した村井でも、賠償が認められるまでには骨を折った。「国の対策が県境1本で縮小 …

東電の412月期経常利益は20%増益、高効率火力が寄与 – ロイター


朝日新聞

東電の412月期経常利益は20%増益、高効率火力が寄与
ロイター
東電は、福島第1原発事故の被害者に対する賠償金の支払いについて国から援助を受けており、原子力損害賠償・廃炉等支援機構を通じて東電に支払われる賠償支援額を特別利益に、被害者に支払う損害賠償費を特別損失にそれぞれ計上し、両項目を相殺して当期損益に …
経常利益2割増=東電の4〜12月期ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

all 7 news articles »

私たちは福島を、忘れよう忘れようとしてるんじゃないのか? – ハフィントンポスト


ハフィントンポスト

私たちは福島を、忘れよう忘れようとしてるんじゃないのか?
ハフィントンポスト
農業復興について)「原発損害賠償があることで、普通の生業が回っていかない。不動産関係ばかりに投資がある。年間数百万の利益でやって来た方々にとって、数十年分の所得が賠償として入ってきてしまうというのが現実」. 「復興のため、賠償はもらえるだけもらおうと思って …

and more »

【2/18 さいたま市浦和】福島原発事故責任追及訴訟 第4回口頭弁論・報告集会・原告との懇親会

20150218

※画像をクリックするとPDF表示されます

福島原発事故で埼玉県に避難してきた被災者は、かけがえのない故郷を追われ、困難極まる避難生活を強いられています。
2014年3月、国と東電を被告とする損害賠償請求訴訟がさいたま地裁に提起されました。2015年1月の第2次提訴と合わせ、原告の人数は11世帯37名となる予定です。

2014年12月10日の第3回期日では、満席の傍聴人が見つめるなか、東電側代理人が、原告側の意見陳述に対し「準備書面に記載のない内容なので、意見陳述は認められない」と執拗に異議を申し立てました。原告弁護団は「口頭弁論なのだから、意見陳述を制限する理由はない」と毅然と反論。裁判長も「口頭主義が基本ですから」と東電の主張を退ける一幕がありました。

口頭弁論では、まず福島第一原発から25km圏内の広野町から避難された原告本人による意見陳述が行われ、緊急避難に際して何も知らされなかった不安と悔しさ、高齢の母親とペットを伴って死をも覚悟した厳寒期の避難生活、今も続く生活の困難さと奪われたものの大きさなど、胸に迫る陳述を行いました。

つづいて原告弁護団は、意見陳述を通し、原発を推進しながら十分に安全対策を指導しなかった国の違法を厳しく指摘。また東電に対しては、事故の過失責任がないかのように主張し、自らの行為についての法的な審理を拒否し、責任について公の場で明らかにされることを回避している、と厳しく批判しました。

次回期日もまた傍聴席を満席としましょう! 新しい年もよろしくお願い申し上げます。

◆日時
2015/2/18(水)
14:00 傍聴券配布
14:30 福島原発事故責任追及訴訟 第4回口頭弁論 開廷
以降、終わり次第 報告集会、原告との懇親会

◆福島原発事故責任追及訴訟 第4回口頭弁論 会場
さいたま地裁
傍聴券配布会場:B棟前
口頭弁論会場:101号法廷
〒330-0063 埼玉県さいたま市 浦和区高砂3-16-45
TEL 048-863-4111

◆報告集会・原告との懇親会 会場
埼玉総合法律事務所 3F 会議室(さいたま地裁より徒歩3分)
〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区岸町7-12-1 東和ビル4F(会議室は3F)
TEL 048-862-0355

◆お問い合わせ
【原発事故責任追及訴訟埼玉弁護団】
事務局
吉廣慶子(みさと法律事務所)
〒341-0024
埼玉県三郷市三郷1-13-12 MTビル 2F ‎
TEL 048-960-0591
FAX 048-960-0592

福島原発さいたま訴訟を支援する会(福彩支援)
吉廣慶子(みさと法律事務所)
〒341-0024
埼玉県三郷市三郷1-13-12 MTビル2F みさと法律事務所
TEL 048-960-0591 FAX 048-960-0592

代表 北浦恵美
TEL 04-2943-7578 FAX 04-2943-7582
MAIL apply@fukusaishien.com

Listening:<社説>汚染水処理 態勢整え着実に進めよ – 毎日新聞

Listening:<社説>汚染水処理 態勢整え着実に進めよ
毎日新聞
福島第1原発の廃炉を巡っては、国の関与を強めようと昨年8月に原子力損害賠償・廃炉等支援機構が発足した。原子力規制委員会や経済産業省の汚染水処理対策委員会など他にも関係する組織は多い。政府は、東電への指導・監督体制や責任の所在を明確化すべきだ。
汚染水処理は二重三重の策を日本経済新聞

all 7 news articles »

社説:汚染水処理 態勢整え着実に進めよ – 毎日新聞

社説:汚染水処理 態勢整え着実に進めよ
毎日新聞
福島第1原発の廃炉を巡っては、国の関与を強めようと昨年8月に原子力損害賠償・廃炉等支援機構が発足した。原子力規制委員会や経済産業省の汚染水処理対策委員会など他にも関係する組織は多い。政府は、東電への指導・監督体制や責任の所在を明確化すべきだ。
汚染水処理は二重三重の策を日本経済新聞

all 6 news articles »

田村市都路町への賠償 3月末で打ち切りに(福島県) – 日テレNEWS24

田村市都路町への賠償 3月末で打ち切りに(福島県)
日テレNEWS24
原発事故に伴う避難指示が解除された、田村市都路町の住民への精神的損害賠償について、国の審査会の会長は、当初の方針通り、1年間で打ち切る考えを示した。 原発事故の損害賠償の指針を作る国の審査会がきのう開かれ、避難中の住民への賠償問題について議論され …

and more »

  • 地域名で交流会情報を表示