震災支援ネットワーク埼玉

震災支援ネットワーク埼玉

431279.com
しんさいつなぐ

さいたま市浦和

【6/27 さいたま市浦和】福玉便りのお届け作業を一緒にやってくださる方、大募集!

おしゃべりしにきてくださいね。
印刷などの都合で日程が変更になるときがあります。できれば、ご一報・ご確認いただければ幸いです。

◆日時
2019/6/27(木) 13:30~16:00ごろ

◆会場
埼玉県勤労者福祉センター(ときわ会館) 1F 福島県県外避難者相談センター 奥
〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区常盤6-4-21 埼玉県勤労者福祉センター(ときわ会館) 1F
TEL 048-833-8731

◆アクセス
【電車】
・京浜東北線「浦和:駅 西口より徒歩16分
・京浜東北線「北浦和」駅 西口より徒歩15分
【駐車場】
お問い合わせ下さい
【バス】
・JR「浦和」駅 西口より
2番乗場≪大久保浄水場行≫→市役所前又は「市役所北口」下車
2番乗場≪桜区役所行≫→市役所前又は「市役所北口」下車
・JR「北浦和」駅 西口より
1番乗場≪浦和駅西口行≫→市役所北口下車
1番乗場≪西浦和車庫行≫→市役所北口下車

◆お問い合わせ
NPO法人埼玉広域避難者支援センター
TEL 080-4331-0290

【6/25 さいたま市浦和】ふくしま暮らし安心プロジェクト~生活相談会&パソコン講座

◆日時
2019/6/25(火) 10:00~12:00

◆会場
埼玉県勤労者福祉センター(ときわ会館) 5F 小ホール
〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区常盤6-4-21 埼玉県勤労者福祉センター(ときわ会館)
TEL 048-833-8731

◆アクセス
【電車】
・京浜東北線「浦和:駅 西口より徒歩16分
・京浜東北線「北浦和」駅 西口より徒歩15分
【駐車場】
お問い合わせ下さい
【バス】
・JR「浦和」駅 西口より
2番乗場≪大久保浄水場行≫→市役所前又は「市役所北口」下車
2番乗場≪桜区役所行≫→市役所前又は「市役所北口」下車
・JR「北浦和」駅 西口より
1番乗場≪浦和駅西口行≫→市役所北口下車
1番乗場≪西浦和車庫行≫→市役所北口下車

◆内容
生活相談会&パソコン講座

◆お問い合わせ
すぎとSOHOクラブ
TEL 0480-31-0055

【7/17 さいたま市浦和】福島原発事故責任追及訴訟 第26回期日・報告集会

訴訟後の報告集会では、当日の法廷でのやりとりを分かりやすくご説明します。ぜひ一度傍聴にお越しください。
普段より開廷時間が早まりますのでご注意ください。

◆日時
2019/7/17(水)
10:30 開廷@さいたま地裁101号法廷
以降、終わり次第 報告集会@調整中

◆訴訟会場
さいたま地裁101号法廷
〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂3-16-45
TEL 048-863-4111

◆報告集会会場
調整中

◆アクセス
電車:JR「浦和」駅 西口より徒歩約10~15分

◆お問い合わせ
【原発事故責任追及訴訟埼玉弁護団】
事務局
吉廣慶子(みさと法律事務所)
〒341-0024 埼玉県三郷市三郷1-13-12 MTビル 2F
TEL 048-960-0591
FAX 048-960-0592

福島原発さいたま訴訟を支援する会(福彩支援)
吉廣慶子(みさと法律事務所)
〒341-0024
埼玉県三郷市三郷1-13-12 MTビル2F みさと法律事務所
TEL 048-960-0591 FAX 048-960-0592
代表 北浦恵美
TEL 04-2943-7578 FAX 04-2943-7582
MAIL apply[at]fukusaishien.com
*[at]を@にかえてご利用ください。

【2/21 さいたま市浦和】福玉便りのお届け作業を一緒にやってくださる方、大募集!

おしゃべりしにきてくださいね。
印刷などの都合で日程が変更になるときがあります。できれば、ご一報・ご確認いただければ幸いです。

◆日時
2019/2/21(木) 13:30~16:00ごろ

◆会場
埼玉県勤労者福祉センター(ときわ会館) 1F 福島県県外避難者相談センター 奥
〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区常盤6-4-21 埼玉県勤労者福祉センター(ときわ会館) 1F
TEL 048-833-8731


◆アクセス
【電車】
・京浜東北線「浦和:駅 西口より徒歩16分
・京浜東北線「北浦和」駅 西口より徒歩15分
【駐車場】
お問い合わせ下さい
【バス】
・JR「浦和」駅 西口より
2番乗場≪大久保浄水場行≫→市役所前又は「市役所北口」下車
2番乗場≪桜区役所行≫→市役所前又は「市役所北口」下車
・JR「北浦和」駅 西口より
1番乗場≪浦和駅西口行≫→市役所北口下車
1番乗場≪西浦和車庫行≫→市役所北口下車

◆お問い合わせ
NPO法人埼玉広域避難者支援センター
TEL 080-4331-0290

【1/30 さいたま市浦和】福島原発事故責任追及訴訟 第24回期日・報告集会

訴訟後の報告集会では、当日の法廷でのやりとりを分かりやすくご説明します。
ぜひ一度傍聴にお越しください。

◆日時
2019/1/30(水)
14:00 開廷@さいたま地裁101号法廷
以降、終わり次第 報告集会@調整中

◆訴訟会場
さいたま地裁101号法廷
〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂3-16-45
TEL 048-863-4111


◆報告集会会場
調整中

◆アクセス
電車:JR「浦和」駅 西口より徒歩約10~15分

◆お問い合わせ
【原発事故責任追及訴訟埼玉弁護団】
事務局
吉廣慶子(みさと法律事務所)
〒341-0024 埼玉県三郷市三郷1-13-12 MTビル 2F ‎
TEL 048-960-0591
FAX 048-960-0592

福島原発さいたま訴訟を支援する会(福彩支援)
吉廣慶子(みさと法律事務所)
〒341-0024
埼玉県三郷市三郷1-13-12 MTビル2F みさと法律事務所
TEL 048-960-0591 FAX 048-960-0592
代表 北浦恵美
TEL 04-2943-7578 FAX 04-2943-7582
MAIL apply[at]fukusaishien.com
*[at]を@にかえてご利用ください。

【2/17 さいたま市浦和】福島原発さいたま訴訟(福彩裁判)の現状シンポジウム「いま語らなければ。福島」

福島原発さいたま訴訟(さいたま地裁:さいたま市浦和 区)は、2014年6月18日の第1回期日から約4年半が経過 し、前回10月31日で第23回目の期日を迎えました。

他地域での裁判の結果も続々と出てきている中で、さいたまでの裁判では、一人ひとりの被害に向き合い、事故の責任を追及する丁寧な主張が積み重ねられています。法廷で は、被害者自身の言葉で語られる原告陳述、弁護団の熱のこもった東電と国の責任を追及する書面の陳述、責任を回避する主張を繰り返す国と東電の対応等々、傍聴の場でしかわからない様々な場面が繰り広げられています。多くの人々の生活を根底から奪うという未曾有の被害。ある日突然、もう家には帰れない、仕事もできなくなる、そんな被害を受けた人々の悔しさ、無念、理不尽さ、いくら言葉を重ねても、その傷はふさがりません。それでも責任はない、と主張する国 と東電に対峙して、福彩裁判の原告・弁護団は争い続けています。

その責任と原因追究、被害賠償、2度と繰り返さないこと、これらがうやむやにされることはあってはならないことでしょう。この裁判では、一人一人の被害者が、国と東電に対し、それらすべてを求めており、33世帯99名の原告の方々が裁判に参加していらっしゃいます。今後、裁判は原告本人が法廷の場で証言する手続きや、専門家証人尋問などの手続きに入っていきます。

被害者の言葉にこそ、真実があります。その言葉に耳を傾けることでしか、これからの未来は築けないはずです。被害回復もなされないまま7年が経ち、次々と出される原発安全 審査、再稼働、自主避難者に対する唯一の支援策だった住宅 の無償提供の打ち切り、「帰宅困難区域」を除く地域の避難指 示解除、避難慰謝料の打ち切りなど、原発事故は無かったことのように扱われているように感じられてしまいます。避難者のみなさんは、懐かしいふるさとに「帰らない」のではなく、「帰れない」のです。決して忘れてはならないことです。私たちは、まだ、この被害に対して、責任をとっていません。だれも、責任を取ることはできていません。

2020年オリンピックに向けて、「復興」という言葉が掲げられている中、放射能汚染で避難を余儀なくされている人々の声がかき消されようとしています。
このような現状の中で、「いま語らなければ。福島」というシンポジウムを、福島原発問題を問い続ける注目のパネリストお二人を迎えて開催します。ぜひご参加ください。

◆日時
2019/2/17(日)
13:00開場/13:30開始

◆会場
埼玉会館 7A会議室
〒330-8518 埼玉県さいたま市浦和区高砂3-1-4
TEL 048-829-2471


◆アクセス
【電車】
JR「浦和」駅 西口より徒歩6分
【駐車場】
有料39台(うち車イス専用駐車場2台)。
駐車台数に限りがございますのでご来場の際はなるべく公共機関をご利用ください。

◆内容
【第一部】パネリストによる基調講演
<パネリスト>
除本 理史(大阪市立大学大学院教授)
吉田 千亜(フリーライター)

【第二部】シンポジウム、懇親会

◆備考
次回・福島原発さいたま訴訟期日 1月30日(水) 14:00 さいたま地裁 *どなたでも傍聴いただけます。
ご希望の方は13:20までにさいたま地裁B棟前にお越しください。
【詳細】福島原発さいたま訴訟を支援する会

◆お問い合わせ
震災支援ネットワーク埼玉 事務局
TEL 090-8879-0213

【2/13 さいたま市浦和】3.11を忘れないシンポジウム(仮題)

東日本大震災からまる8年、最近では 「震災」というと「熊本ですか?大阪ですか?北海道ですか?」と聞かれることも少なくありません。埼玉県で生活する東北の被災3県の避難者のことは、遠い過去のことになりつつあります。それでも、この8年間、自宅に戻ったことがないという方も居ます。8年前、「とにかく逃げろ」と言われたときの不安や戸惑い、寒さや辛さを忘れた避難者はいません。そんな気持ちを共有できる集会を 開催します。皆さん、是非ご参加下さい。

◆日時
2019/2/13(水) 13:30~

◆会場
さいたま市民会館うらわ 8Fコンサート室
〒330-0062 埼玉県さいたま市浦和区仲町2-10-22
TEL 048-822-7101


◆アクセス
【電車】
JR京浜東北線ほか「浦和」駅西口より徒歩7分
【バス】
JR「浦和」駅より国際興業または東武バス「市民会館入口」下車 徒歩1分
【駐車場】
有料29台あり。
※駐車場に限りがございますので、公共の交通機関をご利用ください。

◆主催
一社)埼玉県労働者福祉協議会

◆後援
福島県復興支援員埼玉事務所
富岡町県外避難者拠点事務所

◆お問い合わせ
一社)埼玉県労働者福祉協議会
TEL 048-833-8731

【12/20 さいたま市浦和】福玉便りのお届け作業を一緒にやってくださる方、大募集!

おしゃべりしにきてくださいね。
印刷などの都合で日程が変更になるときがあります。できれば、ご一報・ご確認いただければ幸いです。

◆日時
2018/12/20(木) 13:30~16:00ごろ

◆会場
埼玉県勤労者福祉センター(ときわ会館) 1F 福島県県外避難者相談センター 奥
〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区常盤6-4-21 埼玉県勤労者福祉センター(ときわ会館) 1F
TEL 048-833-8731

◆アクセス
【電車】
・京浜東北線「浦和:駅 西口より徒歩16分
・京浜東北線「北浦和」駅 西口より徒歩15分
【駐車場】
お問い合わせ下さい
【バス】
・JR「浦和」駅 西口より
2番乗場≪大久保浄水場行≫→市役所前又は「市役所北口」下車
2番乗場≪桜区役所行≫→市役所前又は「市役所北口」下車
・JR「北浦和」駅 西口より
1番乗場≪浦和駅西口行≫→市役所北口下車
1番乗場≪西浦和車庫行≫→市役所北口下車

◆お問い合わせ
NPO法人埼玉広域避難者支援センター
TEL 080-4331-0290

【10/25 さいたま市浦和】福玉便りのお届け作業を一緒にやってくださる方、大募集!

おしゃべりしにきてくださいね。
印刷などの都合で日程が変更になるときがあります。できれば、ご一報・ご確認いただければ幸いです。

◆日時
2018/10/25(木) 13:30~16:00ごろ

◆会場
埼玉県勤労者福祉センター(ときわ会館) 1F 福島県県外避難者相談センター 奥
〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区常盤6-4-21 埼玉県勤労者福祉センター(ときわ会館) 1F
TEL 048-833-8731

◆アクセス
【電車】
・京浜東北線「浦和:駅 西口より徒歩16分
・京浜東北線「北浦和」駅 西口より徒歩15分
【駐車場】
お問い合わせ下さい
【バス】
・JR「浦和」駅 西口より
2番乗場≪大久保浄水場行≫→市役所前又は「市役所北口」下車
2番乗場≪桜区役所行≫→市役所前又は「市役所北口」下車
・JR「北浦和」駅 西口より
1番乗場≪浦和駅西口行≫→市役所北口下車
1番乗場≪西浦和車庫行≫→市役所北口下車

◆お問い合わせ
NPO法人埼玉広域避難者支援センター
TEL 080-4331-0290

【9/22 さいたま市浦和】講演と交流のつどい~福島は今 あきらめないことにしたの Part2~

“いいたて雪っ娘”カボチャと地域の食の伝統を守るために奮闘する 渡邊とみ子さんが語ります!

◆日時
2018/9/22(土) 14:00~16:15

◆会場
浦和コミュニティセンター 第14集会室
〒330-0055 埼玉県さいたま市浦和区東高砂町11-1
TEL 048-887-6565

◆アクセス
【電車】
JR「浦和」駅 東口より徒歩1分
【駐車場】
駐車台数835台(公共駐車場・有料 30分200円)
駐車台数に限りがあり、駐車できない場合もございますので、公共交通機関での来館にご協力ください。

◆参加費
無料
(福島県語り部派遣事業利用)

◆内容
緑豊かな飯舘村は、7年前の原発事故で放射能汚染され、全村避難を余儀なくされました。
仮設住宅に散り散りになった仲間に声をかけ、福島大学の先生たちと協働で「かーちゃんの力プロジェクト」を結成した渡邊とみ子さん。阿武隈地域の食文化の継承を掲げ、食品加工販売を開始。手を動かす中で、泣き顔のかーちゃんたちに笑顔が戻りました。放射能測定をして食の安全にも取り組みました。2年前に“原発事故なんかで夢を「あきらめない」”と語るとみ子さんに私たちは感銘を受けました。
その後、村の大部分は避難解除されましたが、戻って暮らす人は多くありません。あの“かーちゃんたち”の今、飯舘村の、福島の、そしてとみ子さんの今を話していただきます。
ぜひとみ子さんの笑顔に会いに来てください!

◆主催
グループTAKIZAKURA

◆お問い合わせ
塚田さん TEL 048-887-7786
竹内さん TEL 090-2762-2639