震災支援ネットワーク埼玉

震災支援ネットワーク埼玉

431279.com
しんさいつなぐ

報道

3/17 原発避難集団訴訟 前橋地裁で全国初の判決

東京電力福島第1原発事故の避難者の皆さんが、東京電力や国に対して損害賠償などを求めている集団訴訟は全国で30件近くあります。

事故発生から6年が経過した2017年3月17日(金)には、群馬県前橋地裁において全国初の判決が言い渡されます。
原告は避難区域から群馬県などに避難した76名と、区域外から自主避難した61名の合計137名です。

<詳しくは河北新報のこちらの記事をご参照ください。2017/3/16>

「“原発避難いじめ” 大人も半数近くに」NHKニュースから

2017年3月9日、「“原発避難いじめ” 大人も半数近くに」というニュースがNHKのニュースで報じられています。

震災支援ネットワーク埼玉では早稲田大学 人間科学学術院と共同で2012年以来、原発事故による福島県からの避難者状況調査を、避難元自治体のご協力をいただき実施させていただいておりますが、2017年2月に実施した調査では、NHK 社会部と共同で「原発避難いじめ」に関する特別版となる調査用紙を同封させていただきました。

この調査では、いじめを受けていた子どもたちと同じく、大人たちも「賠償金」などを理由として避難先で嫌がらせや精神的苦痛を受けていて、その数は全体の半数近くに上ることが明らかになっています。

3月8日 のNHK総合「クローズアップ現代+ 震災6年 埋もれていた子どもたちの声 ~“原発避難いじめ”の実態」の番組放映までに届き集計することができた741件のうち、「子どもがいじめられた」と回答いただいたのは54件に上りました。

さらに、本調査ではお子さんだけでなく、大人の方も対象とした設問にご回答いただいているのですが、全体の半数近い334人が、大人も避難先などで嫌がらせや精神的苦痛を感じたことがあるとのご回答をいただいています。この内容については、賠償金に関するものが最も多く274件、避難者であることを理由としたものが197件、さらに、放射能を理由としたものが127件となっています。(複数回答)

NHK 3月9日の朝7時のニュースでは、「避難者であることを理由に団地の行事に参加させてもらえなかった」や「自動車に傷をつけられた」、さらに、「転職先で賠償金をもらっているから資格や給与をあげる必要はないと言われた」など具体的な嫌がらせや偏見の内容を報じています。

昨今大きな話題となっている“原発避難いじめ”の実態として、子供だけの問題ではなく、大人の間に差別や偏見が広がっていることが明らかとなったものと思われます。

当団体の副代表で、早稲田大学人間科学学術院の辻内琢也教授は「賠償金が生活環境やふるさとを奪われた人たちに対する償いであるということが忘れ去られてしまっている。多くの人たちが原発事故の被害が今でも続いていることを知ることが大切だ」とコメントしています。

原発ADR:福島・渡利3107人申し立て – 毎日新聞

原発ADR:福島・渡利3107人申し立て
毎日新聞
… たとして、福島市渡利(わたり)地区の住民の約2割に当たる3107人(1107世帯)が21日、東電に1人月10万円(線量の高かった事故発生から半年間は月20万円)の慰謝料を求め、国の原子力損害賠償紛争解決センターに裁判外紛争解決手続き(原発ADR)を申し立てた。

福島原発の労働環境改善=同友会セミナーで講演-東電社長 – 時事通信

福島原発の労働環境改善=同友会セミナーで講演-東電社長
時事通信
東京電力の広瀬直己社長は17日、福島県郡山市で行われた経済同友会夏季セミナーで講演した。事故のあった福島第1原発では、マスクや防護服の着用を強いられるなど作業員の過酷な労働環境が問題になっている。広瀬社長は「少しでもより良い環境を提供したい」と強調 …

福島原発の労働環境改善=同友会セミナーで講演—東電社長 – ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

福島原発の労働環境改善=同友会セミナーで講演—東電社長
ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
冒頭、広瀬社長は「福島(第1原発)事故から4年4カ月たったが、引き続き大変な心配、不便をかけていることを改めておわび申し上げたい」と陳謝した。その上で、汚染水処理や使用済み燃料の取り出し作業の現状を詳しく説明した。 商工業者の営業損害への賠償に関しては「 …

and more »

福島原発の労働環境改善=同友会セミナーで講演—東電社長 – ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

福島原発の労働環境改善=同友会セミナーで講演—東電社長
ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
冒頭、広瀬社長は「福島(第1原発)事故から4年4カ月たったが、引き続き大変な心配、不便をかけていることを改めておわび申し上げたい」と陳謝した。その上で、汚染水処理や使用済み燃料の取り出し作業の現状を詳しく説明した。 商工業者の営業損害への賠償に関しては「 …

and more »

東日本大震災:福島第1原発事故 飯舘村民4団体、2度目申し入れ 避難指示解除巡り /福島 – 毎日新聞

東日本大震災:福島第1原発事故 飯舘村民4団体、2度目申し入れ 避難指示解除巡り /福島
毎日新聞
提出したのは、東京電力に慰謝料などを求め国の原子力損害賠償紛争解決センターに裁判外紛争解決手続き(原発ADR)を申し立てた3団体と、民事裁判を起こしている1団体。 4団体が先月3日に提出した申し入れ書に対し、村は同月9日、「避難指示解除の決定は国の権限で …

浪江の自殺賠償訴訟 一審判決が確定 – 福島民報

浪江の自殺賠償訴訟 一審判決が確定
福島民報
東京電力福島第一原発事故の避難生活を苦に自殺した浪江町の五十崎(いそざき)喜一さん=当時(67)=の自殺と原発事故との因果関係を認め、東電に損害賠償を命じた福島地裁判決で、東電と原告の双方は控訴期限の14日までに控訴せず、一審判決が確定した。
浪江町の遺族に 東京電力が直接謝罪(福島県)日テレNEWS24

all 12 news articles »

憲法学者・木村草太氏「ノーニュークス権」掲げる「原発メーカー訴訟」原告団にエール – 弁護士ドットコム


弁護士ドットコム

憲法学者・木村草太氏「ノーニュークス権」掲げる「原発メーカー訴訟」原告団にエール
弁護士ドットコム
この裁判は、原発事故が起こっても、原発メーカーの責任が免除される法制度(原子力損害賠償に関する法律)はおかしいと考えて、原発メーカーの責任を追及するために起こされた裁判。日本だけでなく、世界から4200人余りの原告が集まって、「一人当たり100円を支払え」と …

違法指導で移転、補助金減 病院が福島県提訴 | 河北新報オンラインニュース – 河北新報

違法指導で移転、補助金減 病院が福島県提訴 | 河北新報オンラインニュース
河北新報
東京電力福島第1原発事故で南相馬市から福島県新地町に移転した渡辺病院が13日までに、違法な行政指導で補助金を一部しか受け取れなかったとして、福島県に約7億3000万円の損害賠償を求める訴えを福島地裁に起こした。 訴状によると、渡辺病院は福島第1原発から …

  • 地域名で交流会情報を表示