震災支援ネットワーク埼玉

震災支援ネットワーク埼玉

431279.com
しんさいつなぐ

イベント情報

【5/9 さいたま市南】「飯館村の母ちゃんたち土とともに」上映&菅野榮子さんトークショー

原発事故から6年。故郷を奪われた哀しみを抱えながら、たくましく生きる“へこたれない母ちゃんたち”の姿を古居みずえ監督が描く愛しき友情ストーリーです。
映画終了後には、菅野榮子さんトークショーも行ないます。どなたでも参加いただけます。

◆日時
2017/5/9(火)
10:00~11:35 上映会
11:35~12:10 トークショー

◆会場
武蔵浦和コミュニティセンター9F 多目的ホール
〒336-0021 埼玉県さいたま市南区別所7-20-1
TEL 048-844-7215

◆アクセス
【電車】
JR「武蔵浦和」駅西口よりデッキ直結(徒歩2分)
【駐車場】
サウスピア専用駐車場:有料59台

◆映画
飯館村の母ちゃんたち 土とともに
菅野榮子(かんのえいこ)さんは、孫に囲まれた幸せな老後を送るはずだった。しかし福島原発の事故後、榮子さんが暮らす福島県飯舘村は全村避難となり、ひとりで仮設住宅で暮らすことになった。支えは親戚であり友人の菅野芳子(かんのよしこ)さん。芳子さんは避難生活で両親を亡くし、ひとりで榮子さんの隣に移ってきた。「ばば漫才」と冗談を飛ばし、互いを元気づける、二人の仮設暮らしが始まった。
榮子さんの信条は、食べるものは自分で作ること。二人で畑を耕し、様々な作物を収穫し、漬物や料理を作る。村の食文化を途絶えさせたくないと、昔ながらの味噌や凍み餅(しみもち)の作り方を、各地に出向いて教えるようにもなった。
飯舘村では帰村に向けた除染作業が行われている。だが高い放射線量、変わり果てた風景…。
二人は先の見えぬ不安を語り合い、泣き笑いながら、これからを模索していく。

◆トーク
菅野榮子さん(出演者)

◆入場料
500円(全席自由席)

◆定員
100名

◆お申し込み締切
2017/5/1(月)
※当日購入も可能とのことですが席には限りがありますので、チケットの事前予約をお勧めします。

◆主催
埼玉ぱるとも会

◆お問い合わせ・お申し込み
生活協同組合パルシステム埼玉
機関運営部 加藤さん
TEL 048-432-7764(月~金10時~17時、土・日・祝を除く)

【5/18 加須】社協と地域と生協のサロン『昼食会』

※画像をクリックするとPDF表示されます

双葉町の皆さま、こんにちは!(^0^)/
急に暖かくなって、というより暑い日が続き、体調を崩したりしていませんか?旬の物を食べて、抵抗力を高めて身体をいたわりましょうね!!
ところで、5月の双葉町の旬って何ですか?教えてくださいませませ~♪♪

◆日時
2017/5/18(木) 11:00~

◆会場
いきいきサポートセンター
〒347-0105 埼玉県加須市騎西501-13 双葉町社会福祉協議会 加須事務所
TEL 0480-70-0057

◆アクセス
バス:東武鉄道伊勢崎線「加須」駅よりバスに乗車。騎西一丁目バス停下車、徒歩7分。

◆メニュー
・竹の子ご飯
・あさりのみそ汁
・カボチャの煮物
・アップルパイ

◆共催
パルシステム埼玉
コープみらい

◆お問い合わせ
双葉町社会福祉協議会 加須事務所
TEL 0480-70-0057

【5/18 加須】リラックス動作法

加須に、これからも
※画像をクリックするとPDF表示されます

膝が痛い、腰が痛い…お困りの方、お気軽にどうぞ。

◆日時
2017/5/18(木)
※時間はお問い合わせください。

◆会場
いきいきサポートセンター
〒347-0105 埼玉県加須市騎西501-13 双葉町社会福祉協議会 加須事務所
TEL 0480-70-0057

◆ご希望の方
お名前を書いてお待ちください

◆お問い合わせ
被災者と支援者のためのリラックス動作法プロジェクト
事務局 動作法 おおみや
鈴木さん、丸山さん
TEL 048-638-0126
MAIL tate-kei[at]dousahou.jp
*[at]を[@]にかえてご利用ください。

【5/7 東京】「飯館村の母ちゃんたち 土とともに」上映&トークと交流の集い

※画像をクリックするとPDF表示されます

避難解除後の飯舘村の報告もあります。

◆日時
2017/5/7(日)
13:30 開場
14:00~18:00

◆会場
JICA地球ひろば 國際会議場
〒162-8433 東京都新宿区市谷本村町10-5 JICA市ヶ谷ビル内
TEL 03-3269-2911

◆アクセス
【電車】
・JR「市ヶ谷」駅より徒歩10分
・東京メトロ「市ヶ谷」駅6番出口より徒歩8分

◆映画
飯館村の母ちゃんたち 土とともに
菅野榮子(かんのえいこ)さんは、孫に囲まれた幸せな老後を送るはずだった。しかし福島原発の事故後、榮子さんが暮らす福島県飯舘村は全村避難となり、ひとりで仮設住宅で暮らすことになった。支えは親戚であり友人の菅野芳子(かんのよしこ)さん。芳子さんは避難生活で両親を亡くし、ひとりで榮子さんの隣に移ってきた。「ばば漫才」と冗談を飛ばし、互いを元気づける、二人の仮設暮らしが始まった。
榮子さんの信条は、食べるものは自分で作ること。二人で畑を耕し、様々な作物を収穫し、漬物や料理を作る。村の食文化を途絶えさせたくないと、昔ながらの味噌や凍み餅(しみもち)の作り方を、各地に出向いて教えるようにもなった。
飯舘村では帰村に向けた除染作業が行われている。だが高い放射線量、変わり果てた風景…。
二人は先の見えぬ不安を語り合い、泣き笑いながら、これからを模索していく。

◆トーク(予定)
菅野榮子さん(出演者)
酒井政秋さん(飯舘村民)
古居みずえさん(監督)

◆同時開催
写真展「飯舘村の暮らし」
撮影:菅野千代子さん

◆参加費
一般:1000円(茶菓子付き)
当支援の会支援者:800円

◆お問い合わせ・お申し込み
映画「飯舘村の母ちゃん」制作支援の会
TEL 090-7408-5126
FAX 03-3209-8336
MAIL iitate.motherprojects[at]gmail.com
*[at]を@にかえてご利用ください

【5/28 所沢】青空あおぞら 新緑会

※画像をクリックするとPDF表示されます

お天気が良ければ、公民館正面の公園へ移動して、青空の下、ゆっくりお茶会をしましょう♪
「青空あおぞら」は、東日本大震災で被災された方々、そのご家族が避難生活をおくるにあたり、お困りごとの解決・改善のいとぐちをみつけたり、子どもたちを元気いっぱい遊ばせるかたわらでママパパが情報交換をしたり・・どんなことに時間を使っても自由な会です。
今回も法律の専門家が参加しています。賠償請求のご相談の場合は、必要に応じてご自身の資料などお持ち頂くとお話がスムーズです。
初めて参加される方、お久しぶりの方、いつもの顔なじみの方、今回もみなさんのみなさんのお越しをお待ちしています!

◆日時
2017/5/28(日) 13:30~16:00

◆会場
新所沢公民館 2F 和室1号(畳)・緑町中央公園
〒359-1111 埼玉県所沢市緑町1-8-3
TEL 04-2924-2955

◆アクセス
電車:西武新宿線「新所沢」駅 西口より徒歩8分
バス:ところバス(市内巡回バス)西路線「緑町中央公園」前
駐車場:無料45台。
駐輪場:無料63台。

◆保育について
お問い合わせください♪

◆備考
今回も法律の専門家が参加しています。賠償請求のご相談の場合は、必要に応じてご自身の資料などお持ち頂くとお話がスムーズです。

◆交流会に関するお問い合わせ先
震災支援ネットワーク埼玉(SSN)
TEL 048-829-7400
MAIL desk[at]431279.com
*[at]を@にかえてご利用ください。

【5/24 さいたま市浦和】福島原発事故責任追及訴訟 第16回期日・報告会

※画像をクリックするとPDF表示されます

3月22日の第15回期日では、皆様のおかげで傍聴席が満席となりました。本当にありがとうございました。
3月17日、各地で提訴されている福島原発関連の賠償訴訟のうち、はじめての判決が前橋地裁で下されました。判決は、「津波の襲来と全電源喪失は予見できた」として、国と東電の賠償責任を明確に認めたものの、損害額の認定は、被害の全体像を正当に評価したものとは言えない低額に抑えられています。とはいえ「責任論」を勝ち取ったのは大きな一歩。さいたま訴訟では避難者の「損害論」について、故郷を奪われた精神的苦痛、避難生活による精神的被害を、より具体的・包括的に、立証していく予定です。

それでも国と東電は、一切の責任を認めようとしません!
さいたま地裁・第15回期日で、国と東電は原告側の意見陳述そのものに異議を唱え、裁判所側に却下されました。第4次訴訟から参加した女性原告の涙ながらの意見陳述は、聞くものの胸を打ちました。原発事故による死の恐怖、赤ちゃんを抱えての避難。夫は福島での最前線の仕事で初期被曝推定1000ベクレル以上との診断。住めないマイホームにローンを払い続けなければならない無念。行く先々での中傷、差別、心痛。そして、3月末での借り上げ住宅の打ち切りで精神的、経済的に追い詰められ、福島へ戻る決断をしたこと。このような事故が二度と起こらないよう、公正なご判断を、と訴える血のにじむような意見陳述に対し、国と東電は、自らの過失責任を否定しつづけています。さいたま訴訟は、原告の被害を具体的に立証する現地検証や証人尋問、当事者尋問といった山場を迎えようとしています。
緊迫した法廷での闘いで、原告への最大の励ましは満員の傍聴席です。ぜひみなさま、傍聴にお運びください!

◆日時
2017/5/24(水)
15:00 開廷@さいたま地裁101号法廷
終了後 報告集会@埼玉総合法律事務所 3F 会議室

◆訴訟会場
さいたま地裁101号法廷
〒330-0063 埼玉県さいたま市 浦和区高砂3-16-45
TEL 048-863-4111

◆報告集会
埼玉総合法律事務所 3F 会議室
〒330-0064 埼玉県さいたま市浦和区岸町7-12-1 東和ビル4階
TEL 048-862-0355

◆アクセス
電車:JR「浦和」駅 西口より徒歩約10分

◆お問い合わせ
【原発事故責任追及訴訟埼玉弁護団】
事務局
吉廣慶子(みさと法律事務所)
〒341-0024
埼玉県三郷市三郷1-13-12 MTビル 2F ‎
TEL 048-960-0591
FAX 048-960-0592

福島原発さいたま訴訟を支援する会(福彩支援)
吉廣慶子(みさと法律事務所)
〒341-0024
埼玉県三郷市三郷1-13-12 MTビル2F みさと法律事務所
TEL 048-960-0591 FAX 048-960-0592

代表 北浦恵美
TEL 04-2943-7578 FAX 04-2943-7582
MAIL apply[at]fukusaishien.com
*[at]を@にかえてご利用ください。

【5/4 加須】双葉町老人クラブ女性会&さいがい・つながりカフェ

定例サロンを開催します。

◆日時
2017/5/4(木) 10:00~12:00

◆会場
いきいきサポートセンター
〒347-0105 埼玉県加須市騎西501-13 双葉町社会福祉協議会 加須事務所
TEL 0480-70-0057

◆アクセス
バス:東武鉄道伊勢崎線「加須」駅よりバスに乗車。騎西一丁目バス停下車、徒歩7分。

◆お問い合わせ
さいがい・つながりカフェ
薄井さん
TEL 080-5532-7380

【5/18 加須】双葉町民によるボランティアカフェ 藤の花を見ませんか

※画像をクリックするとPDF表示されます

双葉町民によるボランティアカフェは、毎月第3木曜日10:00~15:00、いきいきサポートセンター(双葉町社会福祉協議会)でオープンしています。
玉敷神社の藤の花がきれいに咲くころあいです。お天気が良ければお散歩がてら、みんなでお花見しましょう♪

◆日時
2017/5/18(木) 10:00~15:00

◆会場
いきいきサポートセンター
〒347-0105 埼玉県加須市騎西501-13 双葉町社会福祉協議会 加須事務所
TEL 0480-70-0057

◆アクセス
バス:加須駅よりバスに乗車。騎西一丁目バス停下車、徒歩7分。

◆備考
法律と心の専門家が参加中♪
生活で気になることなどお気軽にお話しくださいね。

◆一般の方からのカフェに関するお問い合わせ
震災支援ネットワーク埼玉(SSN)
TEL 048-829-7400
MAIL desk[at]431279.com
※[at]を@にかえてご利用ください。

【4/20 加須】双葉町民によるボランティアカフェ 春の園遊会

※画像をクリックするとPDF表示されます

地域の方のお声がけで、お茶の先生がお越し下さることになりました。室内野点を考えています。春の始まりを地域の方と一緒に楽しみましょう♪

双葉町民によるボランティアカフェは、毎月第3木曜日10:00~15:00、いきいきサポートセンター(双葉町社会福祉協議会)でオープンしています。
近況報告をしたり、情報交換をしたり、お茶を飲んだり、一緒にお昼を食べましょう。のんびりしていって下さい。
出入りは自由です。みなさんのお越しを心よりお待ちしています♪

◆日時
2017/4/20(木) 10:00~15:00

◆会場
いきいきサポートセンター
〒347-0105 埼玉県加須市騎西501-13 双葉町社会福祉協議会 加須事務所
TEL 0480-70-0057

◆アクセス
バス:加須駅よりバスに乗車。騎西一丁目バス停下車、徒歩7分。

◆内容
春の園遊会

◆備考
臨床心理士によるこころの相談ができます

◆一般の方からのカフェに関するお問い合わせ
震災支援ネットワーク埼玉(SSN)
TEL 048-829-7400
MAIL desk[at]431279.com
※[at]を@にかえてご利用ください。